自然素材に拘った板倉工法で木のお家を建設しました!家中には杉だらけの内装にはインパクトあり杉?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at --/--/-- --:-- | Top▲

今年の工事初日


今日から今年の自然素材らんとしハウスの工事が始まりです。

早速家の中に入ると3人の大工さんに電気工事のおっちゃんと
材料を運ぶ微妙なおちゃんがいました。 ← 覇気が無いよ・・・やる気なさそう

大工さんは2階で仕事中なので1階から
補強壁1 補強壁2 ← アップ

5箇所の壁に補強用の板が貼られていたよ
耐力壁のバランス的に東南面が少し弱い気がするので
補強を依頼していたんですよ

本来だと筋交いを室内側にも入れれば問題無いのだけど、
外壁側と室内側のダブルで入れると建築基準的に言うと
両方の柱をホールダウンアンカーで固定する必要があるらしい
でもね、ホールダウンアンカーを入れる為には落とし板と干渉しちゃうの
明城の営業曰くホールダウンアンカー無しでも良いと思うけど

コラー
筋交いをダブルで入れると柱に引き抜きの力が掛かるから
ちゃんとホールダウンアンカーを入れないとダメなのだ ← 住宅検査カノム

検査機関のカノムに頼んで無かったら
営業の言われる通りになちゃっていただろうね・・・
と言う事でダブルで筋交いを入れる事がダメになちゃった


うーむ、どうしよう
耐力壁のバランスが悪いと其処から地震の時は崩れちゃう可能性が・・・
ネットで板倉工法の壁倍率を調べている時に発見

落とし板の壁に対して縦に角材を何本か入れるだけで
壁倍率が上がるらしいじゃあその方向で頼むと、
角材でも良いのだが壁全面に板を貼った方が確実ですよ
角材を縦に入れる方法は、なるべくコスト掛けずに済む方法を探した結果だから

へーそうなんだ。
じゃあその方向でお願いします。
でも5箇所で30万円・・・

こんなやり取りで板を貼る事になったんですよ
上の写真では板目は縦になっているでしょ
他の所は全て横目なのにね


らんとしが拘った1面を工事していました

1階先行配管1 1階先行配管2 ← こっちは1階

2階先行配管1 2階先行配管2 ← 2階は大変な事に


なんじゃコレは
だれがこんなにボックスを付けたんだー



・・・




頼んだのらんとしでしょ


おおそうだった
あまりにも数が多かったもんでつい・・・



一体何本あるのか・・・
数えたくは無いよ


でもコレは何なの


何って言われても
ただの先行配管です。

各部屋にLANケーブルを張り巡らせる為に配管です。
LAN工事はらんとしが行わないとダメなんだけどね・・・
お金が掛かるから配管だけにして貰ったの
コレなら取り敢えず必要な所だけLANを引けば良いでしょ

始めにLANを全ての部屋に引いて貰えば楽なんだけど
お金掛かるし・・・
でもケーブルだけ引いて貰っても、将来規格が変更になったら
ケーブル引き直し利かないでしょ
先行配管して貰ってLANケーブル入れて貰えれば一番良いですが・・・

LAN工事位自分でやってみようかと思ってね
ケーブル入れるのは大変だと思うけどチャレンジしてみたいジャン



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/01/05 21:45 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。