自然素材に拘った板倉工法で木のお家を建設しました!家中には杉だらけの内装にはインパクトあり杉?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at --/--/-- --:-- | Top▲

落とし板に土壁


自然住宅らんとしハウス 壁の仕様

らんとしのお家は板倉工法と呼ばれる工法で建てられています。 → 板倉工法とは?

下記の写真でも分かるかと思いますが、
上棟が終わっただけにも関わらず
既に壁が存在しているのが分かりますよね・・・
この壁が落とし板と呼ばれ板倉工法の特徴です。

全景2

木造で建てられたお家なら普通は上棟が終わった時には
柱と屋根だけの骨組みのだけですよね
その後に板を張って断熱材を入れるのが通常な筈


でも板倉工法で建てられたお家では既に壁も存在するんですよね
明城では更にその壁に土壁を付ける仕様ですから
写真でも分かるように縦横に木の棒が打ち付けられています

落とし板土壁仕様

これが土壁で言われる小舞(こまい)と呼ばれる格子状の骨組みです。
通常ではこの小舞に竹が使われるのが一般的で竹小舞と呼ばれます。


でも何で竹じゃないの


明城でも昔は竹小舞を使って土壁の家を作っていたらしいですが、
最近では竹小舞じゃなくて木小舞を採用しているって言ってました。


でもでも竹から木に変えた理由は


なんでも最近は竹小舞に使用する材料の竹が外国からの輸入物
輸入した竹の方が安く済むから輸入の竹が主流らしい
別に外国産が悪いって訳では無いらしい。

竹には虫が卵を植え付け虫が発生するらしく
竹の輸入先のインドネシア等では四季が無いから
年中虫が卵を植え付ける可能性があるらしい
知らずに輸入して来た竹から日本で虫の卵が孵ってしまう事があるって


だから明城では竹では無くて木の小舞を使ってるんだって

ふーん知らなかったよ

でもらんとし的にはどっちでも
木小舞だろうが竹小舞だろうが
どちらでも土壁にはかわりが無いから・・・


この辺は工務店の拘りですかね・・・


らんとしのお家は板倉工法に土壁がある仕様です。
明城で建てるとこの仕様が標準と言うか、
これ以外の仕様では建てて貰えないと思われます

板倉工法に土壁が気に入らなければ結構ですって言われそう



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2008/12/14 21:24 | コメント:3 | 住まいブログ | Top▲


落とし板に土壁へのコメント
へぇ!!
板倉工法+土壁ですか!
それに竹じゃなくて木の小舞!
らんとしハウスびっくり仕掛けがいっぱいですねー

土壁をプラスすることで断熱効果が増すのかな。
それとも調湿狙い?
明城さんますます興味津々です。

有吉住宅でも標準(?)とゆうかオススメは土壁なんですけど
お金がないのと時間がかかるのとで諦めました^^;
ナヲミング at 2008/12/14(日) 22:51 | URL | -
落とし板に土壁へのコメント
とてもしっかりした工務店さんのようで安心ですね。

これ以外の仕様では建ててもらえない・・とか気に入らなければ結構ですって言われそうな気持ち、よくわかりますぅぅ~(T-T)ウチもそうです。壁にサイディングやビニールクロスなんてもっての他です。選択肢の狭いこと狭いことe-330
まぁ、それだけ真剣に家の事を考えていると言う事で信用してはいるんですけどね。

板倉工法、興味深いですねぇ。
土壁ってどんな仕上がりになるんだろー。
完成が楽しみです♪

らんとしさん。よかったたリンクさせてもらってもいいですか?
アイ at 2008/12/15(月) 00:22 | URL | -
落とし板に土壁へのコメント
こんにちは。
かんな屑のお話・・・わぁ。これいいなぁって思いましたが・・600以上!!!
それはなんだか大変そう。
でも出来上がったらそれもいい思い出になりそうですね。

竹のお話。昨日、テレビをみていたんです。
夜遅くの番組で、若い子たちがいろいろ体験をするっていう趣旨の番組で。
どこだか忘れちゃったんですが、高齢化の進んでる村があって、
その村が今すごく問題があるんです。
「竹」問題。
昔はタケノコを売ってたんですが、タケノコも輸入がほとんどになって取らなくなって、
竹って3か月で10メートルも伸びちゃうんですって。
で、村の人は高齢化しちゃってるので、竹を切ることもできなくて、村の山が竹だらけ。
それもすごく太くて長いのが。
山際にお家があるので、竹のせいで、日が入らなくて、お家がじめじめして家も壊れてきてしまっている・・・。
そんな惨状を少しでも助けようと、若者たちが竹を伐採しにいってました。
竹被害のある村は日本各地にあるんですって。
それなのに、どうして、建築材とか輸入するんでしょうね?
あたしはそれを見ていて、お家も竹でできたらいいのにって思ってたんですよー。
けど、きっと竹はお家の部材にはならないんだろうなって思ったのだけど、
らんとしさんのお話を読んだら竹を使える箇所もあるんですね。
竹は強いみたいだから、お家に使うには良さそうですし。
竹がありすぎて被害が出ている場所があるのに、竹を輸入している日本・・・
なんだか不思議ですね^^;
tomoco at 2008/12/15(月) 18:36 | URL | mQop/nM.
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。