自然素材に拘った板倉工法で木のお家を建設しました!家中には杉だらけの内装にはインパクトあり杉?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at --/--/-- --:-- | Top▲

ロフト柵DIY2日目


前回の続きから作業に入ります。
手始めに底板に穴を開けます。

開ける穴のサイズが40~50mmと一定のサイズじゃないので自在錐又は自由錐と呼ばれる

 ← こんな道具

自在錐(自由錐)をドリルの先につけて穴を開けます。
40~120mmまでの大きさを自由に開けれる道具です。


自在錐(自由錐)で開けた穴 ← 自在錐(自由錐)で開けたのがコチラ


アレ
何か違う気がするぞ・・・





ひょっとして天板の方に穴を開けちゃった・・・


ガーン


ショックです。
天板の方は貫通穴じゃ無いのに
折角天板の方が綺麗な板目を選んだのに
しかも底板と天板のサイズが微妙に違うから使えないんだよね・・・


気を取り直して底板も同じように穴を開けています。
写真は撮るの忘れちゃって・・・


続いては天板の加工に移ります。

ロフト柵杉板加工3 ← 天板の加工

天板の方も自在錐を使って穴を開けますが
こちらは貫通させずに済ませます。
そうする事で見た目的にも良くなりますからね

天板の固定も底板と同じように溝を掘って
壁と柱に固定用の板材を取り付けます。

固定用の部分 ← 固定用の板材


後は柵の材料を底板と天板の穴にはめ込み固定すれば完成

ロフト柵2 ← ロフトの柵

ロフト柵1 ← 下から見た柵

残念ながら柵の材料の公開はもう少し先で・・・
もうチョット全体的に柵が出来てからのお楽しみって事で
今日の所はココまででおしまい


ロフト柵DIY1日目に戻る >> ロフト柵DIY2日目(現在のぺージ) >> ロフト柵DIY3日目へ



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/19 18:52 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。