自然素材に拘った板倉工法で木のお家を建設しました!家中には杉だらけの内装にはインパクトあり杉?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at --/--/-- --:-- | Top▲

グリムスが大人の木に


ついに我がブログのグリムス君も大人の木に成長しました

グリムス 大人の木 ← 成長したグリムス君

ココまで長かった気が・・・
グリムス君が大きくなるに連れて更新頻度が激減してしまい
成長もゆっくりになってしまったから大人の木になるのが遅かったのかな

大人になったグリムス君
なんか微妙な感じ
まんまるの木ですね

もっと変わっのが良かったなー

何はともあれ大人の木になって一安心



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

スポンサーサイト
Posted by らんとし at 2009/11/29 09:28 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

洗濯層の掃除4


次に行う作業は洗濯層をバラす準備に移ります。

4、洗濯層を固定してある4つのボルトを外す。
  (結構な力で締め付けていますのでパワーが必要)

洗濯層6 ← 赤丸のボルト


5、洗濯層を外すには上部のスイッチ部分のカバーが邪魔ですから写真のように外す
  (初めは外すのに苦労するかも・・・)

洗濯層7  ← コレだけの開口を


6、洗濯層と周りのプラタンクの上部にある固定物を外す
  (ツメで引っ掛けてあるだけと思います)

洗濯層8  ← コレで洗濯層が外れます


7、洗濯層を引っ張り出す。
  (上部のスイッチ部分のカバーを上に押し上げながら洗濯層を引っ張りださないといけませんので1人では大変かと思います。らんとしは1人で行って居ますけどね、でもかなり大変です。


取り出した洗濯層はこんな感じ

洗濯層9 ← 洗濯層

白い点々としているのが石鹸カスの残りで
上の方はカビが・・・

洗濯層10 ← 洗濯層の底面

結構カビが残っているのが分かるかと思います。
しかも洗濯機洗浄剤では洗濯層上部のカビは退治不可ですよ
そこまで水を張る事が不可能ですからね。

洗濯層11 ← 洗濯層の外側のタンク

コチラにも上部にカビが残っているのがハッキリと分かりますよね
毎日満水状態で洗っても多分カビは残っているでしょうね。


洗濯機をばらす為の作業で大変なのは洗濯層を取り出すのが一番大変
汚いからあまり触りたく無いですしね・・・


洗濯層の掃除3へ << 洗濯層の掃除4(現在のページ) >>洗濯層の掃除5へ



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/28 18:37 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

洗濯層の掃除3


洗濯層の掃除する為には洗濯機をバラさないと出来ません。
まず手始めに服の汚れを落とす為に回転させる円盤を外します。


何も情報が無いとコレが一番苦労するかもね
ハッキリ言って簡単には外れませんから

でも構造が分かれば簡単に外れます。

洗濯層1

ココで1つ注意点を
我が家の洗濯機は普通の1層式で当然ながら乾燥機能は有りません。
乾燥機能付き洗濯機やドラム式の場合は構造が違う場合がありますので注意して下さい。
当然ドラム式は構造がまったく違うと思われます・・・。


1、ドライバーで中央のネジを外す
  (コレ位は誰にでも出来るよね)


2、円盤を外す為にある道具を使います。

洗濯層2 ← らんとしが使っている工具

以前組み立て家具を購入した際に付いて来た物を加工した物
皆さんはどんな物でも構いませんが薄くて先が曲がった物ならOKです。
写真の黄丸で囲んだ部分が重要です。


3、円盤の隙間に道具を差し込んで円盤を持ち上げます。
  (写真の赤丸のように差し込んで引っ掛けて上に持ち上げます)
洗濯層3 

*どうしても工具が手配出来ない方へ(多分この方法でOKだとは思いますかど)
 ・ちょっと勿体無いかも知れませんが、中央のネジを外した後で洗濯層に半分とは言いませんが3分の1程度の水を張って下さい。
 ・その時点で円盤が浮き上がって来る場合があります、そうなら良いですが浮き上がって来なければ洗いにして洗濯機を動かして貰えれば円盤が浮いて来るとは思います。
 ・それでも無理なら諦めて道具を用意して下さい。

円盤が外れたら裏返して見ましょう
洗濯層の汚れ具合(カビ)が垣間見れますからね。
ちなみに洗濯層はもっと汚いと思います。

3ヶ月程度の我が家の汚れ具合です。

洗濯層4 ← コッチが円盤の下

洗濯層5 ← 円盤の裏側

茶色ぽい黒い色の物体がカビになります。
洗濯層の下の黒い所にある白い点々としている物が洗剤の残りでカビの栄養源


円盤裏の中央部分に行く程に黒いですね。形的にカビが繁殖し易いのかな?
全て覆われている訳でもなく、ぺロっとめくれた感じになっていますよね
コレは洗濯機が回る事でカビが剥がれている証拠ですね。


実は昨日に某○○メーカーの洗濯層洗浄剤を使った後にバラした写真なんですよ
99.9%落ちると謳い文句ですが、実情はこの有様です・・・

だってね、良く考えてみて下さい。
お風呂場や水周りに出来たカビを落とすのに使うカビキラーでも
完全にカビを無くすのって大変ですよね

それが洗濯層洗浄剤だと何倍に薄めるって書いてありますか?
薄めたら効果が落ちるって分かりますよね
原液を洗濯層いっぱい入れたら効果があるかも知れませんが・・・

まあコスト面を考えれば原液は無理な話なのでしょうね。
普通は洗濯層をバラす事が無いから大げさな事が書けるのでしょうけど
実際は99.9%のカビは落とせませんよ


らんとしが嘘を言っていると思うのでしたら
洗濯層洗浄剤を使った後に円盤だけでも良いですから
外して裏の様子を見て下さい。現実が見えますから。


次からの作業はチョット大変 


洗濯層の掃除2へ << 洗濯層の掃除3(現在のページ) >>洗濯層の掃除4へ



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/26 20:18 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

洗濯層の掃除2


先日洗濯層の掃除をした時の様子を紹介しますね。
前回の記事は数年前の事ですから当時の写真は残っていません。
現在は数ヶ月に1度洗濯層をバラして掃除しているので手馴れたモノですから。

前回は梅雨入り前に行っているので汚れ具合の参考に
何故梅雨入り前かと言うと
梅雨に入ると部屋干しが当たり前になりますよねpid 室内物干しワイヤーが大活躍

・・・

違ーうpid 室内物干しワイヤーは関係ないってば
梅雨入り前に行うのには訳があるんですよね

洗濯層の掃除した後に部屋干しすると違うんですよ



何が違うの


何って違うんですよ匂いがね

部屋干しをすると分かると思うのですが
あの嫌な生乾きの臭いって嫌ですよね
臭いを消す為にファブリースする

実はあの臭いってカビが原因なんですよ
洗濯層の掃除をした後に部屋干ししても、あの嫌な臭いが無いんですよ
これって物凄い発見って思いませんか
ファブリースで臭わなくするのも良いけど根本の原因を無くすのが1番だよね

お天等さまの下で乾かした時に比べれると
ジメッとした感じはしますが、臭わないんですよ
本当に1度体験するとビックリしますよ

ですから我が家では梅雨入り前には必ず洗濯層をキレイにします。
でもカビの繁殖は早くて数ヶ月もすると・・・


次は本当に洗濯層をバラしに掛かりますね。


洗濯層の掃除へ << 洗濯層の掃除2(現在のページ) >>洗濯層の掃除3へ



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/25 19:40 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

洗濯層の掃除


皆さんのお宅では洗濯機を掃除した事ありますか


ええ!
洗濯機の掃除って
服を洗濯する物であって普通は掃除なんてしないでは



らんとしも以前はそんな認識しか無く
とある日の出来事で認識が一変しました。


ホームセンターや薬局には洗濯層の洗浄剤がありますよね
でもいろいろなメーカーから売っている洗浄剤の効果って・・・
中には99.9%と表示してある物さえありますね

皆さん本当にあれだけの効果が出ると思いますか?
嫁さんがちょっと肌の状態がよろしくなくって神経質になっているんですよ
そんな折に市販の洗濯層の洗浄剤を使ったんですよ
それは別に問題が無いのですが、そこからが悲劇の始まり


洗浄剤を使った後から洗濯をする度に黒っぽいヘドロみたいな物が
洗濯した服にくっ付いているんですよ

イヤーん何コレー
何度か洗濯するも改善されず

違うメーカーの洗浄剤を買って試すも改善の兆しが見られず・・・



イヤこんな洗濯機使うの・・・と嘆く嫁さん



しまいには説明書に載っているメーカー推奨の洗浄剤を買うと言い出して・・・
確か万単位の金額もする洗浄剤だったような気が


別に高い洗浄剤を買っても良いけど、完全に症状が改善するならね・・・


そこでネットで少し調べて見る事に



・・・



・・



するとこんなの見つけました
洗濯層をバラして掃除してくれる所がありました
黒いヘドロみたいなのは洗濯層に付いたカビらしい
真っ黒になった洗濯層の裏側の写真


ええ!
毎日こんなカビ付きの洗濯機で洗っているの
洗濯層をバラして洗った後はピカピカに

高い洗浄剤を買う位ならこっちの方が良さそうですね。
でも毎回頼むと考えるとお財布が・・・


更にググって見る事に



おお
洗濯層のバラ仕方の方法が載っているHPを発見 ← 昔の事で何処にあるかは不明
見るからには自分でも出来そう


いっつぁチャレンジ!!


洗濯層の掃除1(現在のページ) >> 洗濯層の掃除2へ



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/24 20:12 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

四季桜


昨日みんなで小原村に行って来ました。
紅葉と言ったら香嵐渓が有名なのですが
コノ時期は香嵐渓はある意味危険です・・・
道が1本道なので大渋滞を引き起こしているんですよ

嫁さんが小原村に行こうって言うものですから
昼ごはんを食べイザ出発

何も無ければ1時間ほどで着くはずが
近づくにつれ渋滞の列が・・・
まさかこんなにも渋滞するなんて思っても居なかったから

渋滞を我慢する事1時間30分程度でしょうか
普段の倍以上の時間が掛かりましたが何とか小原村まで到着
道中には四季の桜とのぼりが上がり
チラホラと桜が咲いているのを見かけました。


公園に着くと紅葉に染まった木々と桜のピンクが競演を叶えていました。
チョット違った紅葉を見る事が出来て渋滞の中を着たかいがあったかな・・・

四季桜と息子 ← 紅葉と四季桜

紅葉と四季桜をバックにパチリ
春の桜に比べると花びらの量が少ないのか近くで見ると・・・
でも遠目から見る分には結構綺麗に咲いていましたよ四季桜が。




いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/22 21:28 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

グリムス君181日目


最近更新が滞りがちになってしまい
それに合わせてか我がグリムス君の成長も微妙な状態に・・・
最近やっと葉っぱが一杯のフサフサ状態の木に成長
あと少しで大人の木に成長しそうですね

グリムス君181日 ← フサフサのグリムス君

いつ大人の木になるのかな




いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/20 18:24 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

ロフト柵DIY2日目


前回の続きから作業に入ります。
手始めに底板に穴を開けます。

開ける穴のサイズが40~50mmと一定のサイズじゃないので自在錐又は自由錐と呼ばれる

 ← こんな道具

自在錐(自由錐)をドリルの先につけて穴を開けます。
40~120mmまでの大きさを自由に開けれる道具です。


自在錐(自由錐)で開けた穴 ← 自在錐(自由錐)で開けたのがコチラ


アレ
何か違う気がするぞ・・・





ひょっとして天板の方に穴を開けちゃった・・・


ガーン


ショックです。
天板の方は貫通穴じゃ無いのに
折角天板の方が綺麗な板目を選んだのに
しかも底板と天板のサイズが微妙に違うから使えないんだよね・・・


気を取り直して底板も同じように穴を開けています。
写真は撮るの忘れちゃって・・・


続いては天板の加工に移ります。

ロフト柵杉板加工3 ← 天板の加工

天板の方も自在錐を使って穴を開けますが
こちらは貫通させずに済ませます。
そうする事で見た目的にも良くなりますからね

天板の固定も底板と同じように溝を掘って
壁と柱に固定用の板材を取り付けます。

固定用の部分 ← 固定用の板材


後は柵の材料を底板と天板の穴にはめ込み固定すれば完成

ロフト柵2 ← ロフトの柵

ロフト柵1 ← 下から見た柵

残念ながら柵の材料の公開はもう少し先で・・・
もうチョット全体的に柵が出来てからのお楽しみって事で
今日の所はココまででおしまい


ロフト柵DIY1日目に戻る >> ロフト柵DIY2日目(現在のぺージ) >> ロフト柵DIY3日目へ



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/19 18:52 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

ロフトに転落防止用の柵の作成


息子の部屋のロフトを延長したのは良いのですが
柵も無いので転落する恐れがあるんですよ。
そこで転落防止用の柵をDIYで取り付けます。

当初は柵の材料に磨き丸太(海部丸太)40mm程度の太さを考えていました。
ですが明城に頼んでも、又ネットで探しても1本辺り2000円程度するのが相場らしく
10本以上使う予定しているので柵の材料代だけで2万円はチョット痛過ぎます。

という事で先日ネットで磨き丸太の代わりの物を5千円以下で仕入れましたので
早速ロフトの柵の作成に掛かります。


まず考えたのは柵の固定方法
ロフトの床に穴を開ければ問題無いのですが、
失敗したら取り返しが付かない事を考え
上下に板材で固定する方法にしました。


値段から考えれば2×4材が安くて良いのでしょうね。
ホームセンターヘ2×4材を購入しに行ったらピッタリな物を発見

それは杉で出来た2×4材に近い木材が山済みになっているでは
38×90×2000と38×140×2000の2種類の杉材
値段は2×4材に比べると倍近くするのが欠点ですが
やはり2×4材よりも杉板の方が我が家にはマッチするので杉板を購入


長さをあわせカットして底板を固定する為に溝を掘り
両脇に出っ張りの木材を固定しました。

ロフト柵杉板加工1 ← 柵材を固定する為の底板材の加工

上から底板をはめ込むとチョット押した位では動かなくはまっています。
底板は固定しなくても問題なさそうです。

ロフト柵杉板加工2 ← 底板をはめた所


今日の所はココまで


ロフト柵DIY1日目(現在のぺージ) >> ロフト柵DIY2日目へ



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/15 18:09 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

クリスマスツリー購入


以前のアパートではとても狭かったので
クリスマスツリーを置くスペースなんてありませんでした・・・。

新しいお家ではそんなに広くはありませんが
クリスマスツリーを置くスペース位はあるので
欲しがるクリスマスツリーが我が家にやってくる事に

今日買って来たら早速飾り付けを楽しむ我が息子
チョット早いですがクリスマス気分の我が家になりました。

クリスマスツリー ← クリスマスツリー

息子よりも高いクリスマスツリーに大満足の息子
出来上がったら嬉しくておじいちゃんおばあちゃんを呼びに



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/11 19:41 | コメント:2 | 住まいブログ | Top▲

牛田かばんに行って来ました


地図でお店の場所を確認
津島駅前から伸びている天王通りに牛田かばん店があるようです。

家から車で走る事1時間30分も過ぎた頃津島駅の周辺に辿り尽き
12時を過ぎていたので先にお昼ご飯を食べてからに
ちょうど通りにはラーメン屋の幸楽苑があったので
お昼は息子が好きなラーメンにする事に

幸楽苑だとお子様セットもありお値打ちに済ませれますからね
ガチャガチャのおもちゃが貰えるから更にお気に入り
息子に何が食べたいと聞けばマックかラーメン又はお子様ランチと答えるでしょう
ぶっちゃけおもちゃが貰える所なら何処でも良いみたい・・・

腹ごなしも済ませ牛田かばん店へ向かいました。
数分の後肝心のお店がありました。
気を付けないと通り過ぎてしまう恐れも・・・

店内は6帖程の広さでしょうか?
両脇の棚に男の子用と女の子用と分けられ並んでいます。
中央にあるテーブルにはクラリーノ製のランドセルが置かれ店内は狭いです・・・
到着した際には女の子を連れた祖父母が店員とランドセルを選んでいました。


店員にどんなランドセルと尋ねられると即答で皮と答えました。
HPを見ていたので値段とも相談して牛革のランドセルかなと思っています。
コードバン製のランドセルの方が良い物って事は分かりますが値段が高いんですよね。
まあ牛田かばん店だと全体的にお値打ちな価格になっては居ますが・・・

背負ってみて下さいと並んでいるランドセルを背負わせて貰い





らんとしが?



なんでそっちに



そんな訳は無いでしょ


当然息子に決まっているてっば



初めてランドセルを背負ったので
照れているのか表情はなんとも・・・
人見知りする方だから店員に戸惑っているのかな

天気も良いから店の前を歩いて感触を確かめて下さいと言われ
おもてを歩く息子に・・・


ワンランク上の牛革もあるけどコレにするなら1000円しか違わないので
コードバン被せの方が良いと思いますよと誘導され
4万円のコードバンも背負って歩いてみる事に

息子にどちらが背負い易かったと聞くと
初めの方が良いと返事なのでベルトの仕様が違うので
3枚になったベルトの方が楽なのかな
当初から総牛革と考えていたのでOKですね


息子のランドセルは牛田かばんの総牛革で本格仕立に決定


でもまだ注文していないけどね・・・



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/09 18:16 | コメント:4 | 住まいブログ | Top▲

ランドセルを選ぶ基準


ランドセルを選ぶ基準は何

らんとしは牛革&コードバンの天然皮革を考えていますので、
ランドセルの重量は大体1100~1200gが殆どですね。

でもクラリーノだと1000gを切る物が多く存在して
中には650gなんて軽量のランドセルもあるみたいですね。
ただあまり軽さばかりに目を取られると大事な事がおざなりに成っているかも

普通ランドセルは6年間使うのが一般的ですよね
中にはランドセルじゃなくてもOKの地域があるのかも知れませんが
我が地区では6年間ランドセルが当たり前です。

6年間も使うものですから丈夫な事がランドセルには求められます。
しかし軽量をうたった商品の中にはその丈夫さが劣る物もあると思います。
軽いって事は使う材料が減れば軽く出来ますよね。
その典型として大マチが小さかったり潰れ易かったりとね・・・


そんな訳で軽さだけを重視するのは止めましょうね。


ランドセルを選ぶ基準って
・軽さ
・大マチサイズ(A4対応か)
・ポケットの数
・背負いベルトが稼動するか?
・その他の機能性

ランドセルを選ぶ点が多くて悩むかも知れませんね、
でもらんとしが一番重要と考えるのは便利な機能では無く
ひたすら丈夫な事これに尽きます。

6年間1度も壊れる事も無く使える事が一番大事な事と考えます。
いくら便利な機能があっても壊れやすかったら意味無いですからね。

最近のランドセルで1番壊れる要素が背カンと呼ばれる
背負うベルトの付け根の取り付け金具部分らしいです。
最近の流行は大きくなっても背負い易いように背カン部分が動くらしい

まあ動く事に反対はしませんけど、その部分に樹脂が使われ折れるらしいです。
安物になればなるほどコストダウンの為に薄い物が使われている
大事な部分に樹脂製の部品が使われている事に抵抗が・・・

何処かのHPで樹脂製の部品が丈夫なのを証明するのにトンカチで叩いていましたが
確かに樹脂の物って丈夫かも知れませんが、その丈夫さが一生続く訳では無いと思います。
紫外線等によって樹脂って劣化すると思うんですよ


背カンの部分が動く事ってそんなに重要な事なのでしょうかね・・・
みんな流行りに流されて動くのが良いと洗脳されている気がします。
だって昔は当然の事ながら背カンは動きませんでしたから。

勿論折れたって話も聞かなかったはず
皆さん動かない背カンで背負い難かったのでしょうか
そんなのきなしで毎日背負っていた記憶があるのはらんとしだけ


今でも動かない背カンを採用しているのは所は少数派らしく・・・


そんな中にあって今も昔ながらの動かない背カンに拘る

牛田かばん


機能性よりの丈夫さに拘りを持った作りに惹かれました

まあ他所で買っても大抵は6年保証が付くから安心
背カンが壊れても修理してくれるから問題は無いかも知れませんが
でもね本質は違うと思うのですが・・・
6年間壊れない部品を使うのが本当の職人技って言えないのでしょうか


なので我が家は牛田かばんのベルちゃんに決定
他の工房よりの値段的にお値打ちですしね

でも1度実物を見てからと・・・



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/08 10:48 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

ランドセルの素材


ランドセルを選ぶ際に考えられる事。

まず大きく分けて2つに分類出来ます。
素材が何を使っているか


世の中の主流となったクラリーノに代表される人工皮革
牛革や馬革コードバンの天然皮革


クラリーノ(人工皮革)のメリットとして
・皮に比べ軽い
・素材に撥水加工が施してあるので水に強い
・表面加工によって傷が付き難い
安い
・いろんな色のランドセルがある

牛革や馬革コードバン(天然皮革)のメリット
・引き裂きに強く素材が丈夫
・使い込んだ味わいが出る
・自然の素材


クラリーノ(人工皮革)のデメリット
・ベルトが切れたりひび割れが起き易い

牛革や馬革コードバン(天然皮革)のデメリット
水に弱い
高い
・傷がつく場合がある


メリット&デメリットを考えればクラリーノになるのも当然の流れでしょうか・・・
安いし傷や水に強いのも要因の1つでしょうが、やっぱり軽さが魅力なのでしょうね。

確かに小学校1年生の体格では軽さを重視して選ばれる方も多いかと
ましては女の子なら尚更軽さが気になる所かも知れませんね。


でも我が家は男の子ですから少しぐらい重くても・・・
ガリガリのひょろひょろな体格なんですが
もう少し力をつけて貰う為にも重くても良いかなと

それに人工の物ではなく天然の皮の風合いを大事にして貰いたいです。
家の中も自然素材が溢れている中で育てていますので
6年間使うランドセルは天然皮革を選びたいと考えています。


>>ランドセルを選ぶ基準



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/03 18:49 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲

ランドセル


嫁さんからミキハウスのランドセルが早期受注キャンペーンで
4.2万円で買えて、ママ友は頼んだらしいけどどうすると聞かれ

あるママさんは男の子だからプーマのランドセルにしたらしい
でもプーマだと5.5万円もするみたいだからチョットね・・・

プーマに比べれば安いから良いのかな?
取り合えず何でも良いよと答えたが、気になってググッて見る事に








そのグーじゃないって
あはははははそうだね

調べてみるとミキハウスやプーマのランドセルってクラリーノみたいです。
他にも多くのブランドのランドセルは当たり前のようにクラリーノが使われています。

クラリーノって聞くとなんか高級そうな感じはしますね。
でも実はクラリーノって人工皮革なんですよ


人工皮革って


皮みたいだけど実は皮に似せた偽物
人工ってありますからね、それがカタカナになるとまったくの別物みたいに・・・

家の時もそうですが、らんとしはブランドには・・・
値段・質とも良い物ならブランドが良いですが
ブランド名だけで値段が高い物ばかりな気がします。

有名なブランドのランドセルになるとクラリーノを使っているのに
平気で5万円を超えて販売しているのには疑問も感じます。
ランドセルを専門に作っている所で値段を見ると

クラリーノ製のランドセルだと3万円程度が多いです。
その差額2万円程度はやっぱりブランド料が締めているのかな
質にしてもブランド品が優れている保障はありませんし・・・
逆に質は専門店の方が高いとらんとし的には考えます。


じゃあ何故ブラントと呼ばれるメーカーはクラリーノを多く採用するのか


家の時も基本的に同じだと思うのですが
クラリーノと呼ばれる人工物は品質が一定で大量生産に向く
大して本物の皮は品質がマチマチで大量生産に向かない

こうした理由からブランドメーカーはクラリーノを採用するのでしょうね
利益率もクラリーノの方が高く出来るのでしょうしね・・・
ブランドメーカーで皮だったら幾らになるのかな?
とても手が出せない値段だったりしてね。


そんなこんなんでらんとしがランドセルを選ぶ基準は?
次の機会にね



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2009/11/02 17:22 | コメント:0 | 住まいブログ | Top▲


アクセスランキング QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。