自然素材に拘った板倉工法で木のお家を建設しました!家中には杉だらけの内装にはインパクトあり杉?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at --/--/-- --:-- | Top▲

パーフェクトバリア


床下の断熱材にカンナ屑を詰める予定で
今日もカンナ屑の断熱材を作っているハズだったのだが
昨日の電話で大問題が・・・

らんとしのお家は200年住宅として建てられています。
明城が建てている工法が200年住宅のモデル事業として認められたのですが
その申請がアダとなってしまった事が・・・


珍しい工法なので申請先の人が完成した所を見たいと言い出して
見に来ること自体は問題無いのですが
200年住宅の申請に当たって省エネ等級の問題が発生


床下の断熱材がグラスウール100mm相当が必要って事で
カンナ屑の断熱材では断熱性能の基準がクリア出来ない
そもそもカンナ屑では熱伝導率の数値が存在しないから
基準をクリア以前の問題で却下らしい

申請先の人が見に来ないのなら・・・
でも今回は見に来るって事で床下なんて見たら一発でばれちゃうから
グラスウール100mmを入れさせて下さい


・・・


・・・


本当はうちもグラスウールなんて入れたくは無いのですが


・・・


・・・


そんな事を急に言われてもOKとは言えません
だってグラスウールなんか使いたくないから明城に頼んだのに
今更グラスウールって言われてもね


本来なら自然素材の断熱材でって言いたい所ですが、
断熱性能から考えるとコストが掛かるからチョット無理かも
明城が負担してくれそうに無さそう・・・


うーむ
最低限に妥協してパーフェクトバリアなら・・・

パーフェクトバリアって


あまり分かってないような営業さん
ペットボトルの再生品の断熱材ですよ


分かりました
一度パーフェクトバリアの断熱性能を調べて
可能かどうかを検討します

そうそう明日のカンナ屑の袋詰めは中止の方が良いですね
床下の断熱材の件がありますから袋詰めは保留って事で


こんなそんなんで今日予定していたカンナ屑の袋詰めは中止に


床下の断熱材がカンナ屑からパーフェクトバリアになりそう
自然素材らんとしハウスが自然素材じゃない断熱材を・・・

イヤーン



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

スポンサーサイト
Posted by らんとし at 2008/12/20 20:09 | コメント:2 | 住まいブログ | Top▲

落とし板に土壁


自然住宅らんとしハウス 壁の仕様

らんとしのお家は板倉工法と呼ばれる工法で建てられています。 → 板倉工法とは?

下記の写真でも分かるかと思いますが、
上棟が終わっただけにも関わらず
既に壁が存在しているのが分かりますよね・・・
この壁が落とし板と呼ばれ板倉工法の特徴です。

全景2

木造で建てられたお家なら普通は上棟が終わった時には
柱と屋根だけの骨組みのだけですよね
その後に板を張って断熱材を入れるのが通常な筈


でも板倉工法で建てられたお家では既に壁も存在するんですよね
明城では更にその壁に土壁を付ける仕様ですから
写真でも分かるように縦横に木の棒が打ち付けられています

落とし板土壁仕様

これが土壁で言われる小舞(こまい)と呼ばれる格子状の骨組みです。
通常ではこの小舞に竹が使われるのが一般的で竹小舞と呼ばれます。


でも何で竹じゃないの


明城でも昔は竹小舞を使って土壁の家を作っていたらしいですが、
最近では竹小舞じゃなくて木小舞を採用しているって言ってました。


でもでも竹から木に変えた理由は


なんでも最近は竹小舞に使用する材料の竹が外国からの輸入物
輸入した竹の方が安く済むから輸入の竹が主流らしい
別に外国産が悪いって訳では無いらしい。

竹には虫が卵を植え付け虫が発生するらしく
竹の輸入先のインドネシア等では四季が無いから
年中虫が卵を植え付ける可能性があるらしい
知らずに輸入して来た竹から日本で虫の卵が孵ってしまう事があるって


だから明城では竹では無くて木の小舞を使ってるんだって

ふーん知らなかったよ

でもらんとし的にはどっちでも
木小舞だろうが竹小舞だろうが
どちらでも土壁にはかわりが無いから・・・


この辺は工務店の拘りですかね・・・


らんとしのお家は板倉工法に土壁がある仕様です。
明城で建てるとこの仕様が標準と言うか、
これ以外の仕様では建てて貰えないと思われます

板倉工法に土壁が気に入らなければ結構ですって言われそう



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2008/12/14 21:24 | コメント:3 | 住まいブログ | Top▲

自然素材らんとしハウスの仕様2


自然素材らんとしハウスの仕様 設備関連を紹介

水周り 1F
 キッチンはタカラのフェスカ ← コスト的にタカラで
 お風呂はTOSTEMのルキナ ← 標準
 洗面台はタカラのセレンティー ← 壁給水タイプでコスト的にタカラで
 トイレはINAXのサティスR4 ← タンクレスでTOTOより安い

《明城の標準では水周りに関しては安いモデルが提示され全体的にコストアップに・・・
定価の20%OFFって事でキッチンや洗面台はタカラに変更しています。

ただタカラだと卸値が高く10%OFFになると・・・
それでも他のメーカーに比べ安く済むのでタカラを採用しています。
施主支給とすれば安くなるのでしょうが問題があった時の対応とかを考えるとね》 


水周り 2F
 キッチンはタカラのフレア ← コスト的にタカラで
 お風呂はタカラのエメロード ← コスト的にタカラで
 洗面台はタカラのセレンティー ← 壁給水タイプでコスト的にタカラで
 トイレはINAXのサティスR4 ← タンクレスでTOTOより安い

《2階も1階と同じでタカラの商品を採用しています。
ただ大きく違うのはお風呂もタカラにしたって事です。
1階は親が住むのでタカラのお風呂は磁器タイルの床なので
今後を考えると避けた方が良いと思い標準のTOSTEMです》


その他
 1Fは親が住みますのでオール電化にしています。
 2Fは床暖房を採用する関係もあって都市ガスを併用しています。

本来ならオール電化の方が金銭面的に有利なのかも知れませんが、
我家は昼間に在宅している事が多くありイマイチ恩恵に与れないかも
又エアコンはあまり使用したく無いのもあり、床暖房するのならガスの方が良いかな?



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2008/12/12 19:34 | コメント:2 | 住まいブログ | Top▲

自然素材らんとしハウスの仕様


自然素材らんとしハウスの仕様を紹介

家のサイズ
   1F 81.98㎡(24.84坪)
   2F 81.98㎡(24.84坪) 計 163.96㎡(49.68坪) ベランダを除く
     《ちょっとコンパクトな完全分離の2世帯住宅です。でも本当は広いお家が・・・》


構造(全て国産の無垢材を仕様)
   大黒柱 基本的な区分けとしてはありません。中心の柱も全て通し柱として存在
   通柱  7寸角のヒノキ ← 標準仕様
   管柱  4寸角のヒノキ ← 標準仕様
   土台  4寸角のヒノキ ← 標準仕様
   床材  24mmの杉板(和室は畳) ← 標準仕様
        一部 竹、コルク、クッションフロアに変更
   壁    杉40mmの落とし板 ← 標準仕様
        一部 漆喰塗り、化粧杉パネル
   天井  杉パネル、構造材表し ← 標準仕様
   屋根  和瓦 ← 標準
   外壁  ガルバニウム鋼板 ← 標準
   窓    全部ペアガラス ← 一部標準はシングル
     《決め手は7寸角の通柱が他に無くてお気に入り、家中無垢材に囲まれています》

 合板は一部クッションフロアーやキッチンパネルの下地に使われていますが、
 その他では全て無垢による材料が使われています。


設備編は次に続く→



いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ  別窓で開きますのでポチっとお願いします♪ 

Posted by らんとし at 2008/12/03 17:42 | コメント:1 | 住まいブログ | Top▲


アクセスランキング QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。